ステキにコーディネート 教えて!うえさん

VOL.17 動線を考えた空間づくりコーディネート-セミナー&お茶会を開催-

2016/11/16

住まいのリフォームで、
それぞれの生活スタイルに合った居心地の良い空間づくりをするには、どんなことを心掛ければよいでしょうか。
まず住まい全体を把握し、キッチン、リビング、ダイニング、水まわりなど住む人がどう動くか、動線を考えることから始めましょう。
動線に合わせて必要なスペースを確保し、全体のバランスを考えて、細かい演出方法を考えていきます。

家事の作業動線を考えたプランの一例

家事の作業動線を考えたプランの一例

キッチンを中心に、洗面室、洗濯機、食品庫、冷蔵庫、コンロ、シンク、カップボード、テーブルと、作業しやすく配置したパース図

キッチンを中心に、洗面室、洗濯機、食品庫、冷蔵庫、コンロ、シンク、カップボード、テーブルと、作業しやすく配置したパース図

リビングに続くキッチン、サニタリーなど、水まわりのリフォームは、
その部分だけを切り取って考えるのではなく、大きく生活全体の動線を考えてコーディネートすることが大切です。
無駄なものが省かれ、すっきりとした住まいになります。
皆さんの住まいでは、
無造作に家具が置かれ、物があふれて動線を妨げているようなことはありませんか?
住まい全体を考えながら、少しの工夫で、すっきりとした動線を確保することができます。

-ステキにコーディネート, 教えて!うえさん