プランニングヒント 教えて!うえさん

VOL.5 快適なセカンドライフリフリフォーム-ペットと同居を楽しむ家づくり-

2017/04/14

当社が手掛けるリフォーム工事の完成現場見学会に、セカンドライフリフォームに関心をお持ちの方が多くお越しになります。夫婦で過ごす快適な空間は、それぞれのご家庭によって異なりますが、①動線の確認、②採光・通風の確保、③収納の工夫、④インテリアの楽しみ方、⑤最適な設備機器の選び方の5つのポイントに添ってお話をすすめています。

家族の暮らし方を考えてプランニング

2匹の猫と大人ばかりで暮らすM邸をご紹介します。晩酌するのが日課のMさん夫婦なので、奥さんがお料理を作りながらご主人との会話が楽しめるようにキッチンは壁付けから対面式に。ダイニング側のカウンター下にはオープン棚を設置し、ダイニングのご主人の席から、常備薬や、メガネ、新聞など、すべてに手が届くようにしました。
また、リビングの南側にサンルームとして土間スペースがあったのですが、掃き出し窓の位置が低く、リビングに充分光が入らない状態でした。ダイニングリビングに光が入るように、土間に床を張ってリビングに組み入れ、大きな掃出し窓に替えることで採光と通風を確保。奥様のワークコーナーをここに設け、日当たりの良い壁面にはキャットウォークを設置。壁や家具にいたずらをしがちな猫たちに、あえて遊び場を作ることで同居を楽しむ工夫をしました。

05-02

〈施工後〉

ワークコーナーにはパソコン関係、FAX電話を集約。パントリー、カウンター下収納、リビングの壁面のシステム収納など、収納スペースをまとめてすっきり。

〈パース図〉

〈パース図〉

大開口の明るいリビング。M様の希望をお聞きし、図に表してイメージを具体化。

見せ場 をつくることですっきりとした空間に

インテリアを楽しむには、収納スペースをまとめて収納力を増やし、すっきりさせた部屋のどこかに「見せ場」をつくることがポイントです。キャットウォーク、TVを置くためのリビングファニチャーは、色や素材に共通性を持たせるなど工夫し、それ以外をすっきりと仕上げることで、視線が集まる「見せ場」 になります。

05-07

05-08

〈施工後〉猫の習性を考えて工夫を凝らしたキャットウォークと、ワークコーナー

セカンドライフを過ごす家は、不自由さの解消だけでなく、どのように暮らしたいかが大きなテーマ。家族が長い時間過ごすリビングだからこそ視覚的にも楽しく、癒しの場になるような空間づくりが大切です。

-プランニングヒント, 教えて!うえさん