case5-title

キッチン・リビング マンション 施工ギャラリー 玄関・ホール 風呂・トイレ・洗面

Case5 人にやさしい思いやりの家

人にやさしいマンションリフォームの実現

築15年のマンションにお住まいのT様。40代のご夫婦とお子様がお一人の三人家族。奥さまが、手がご不自由なこともあり、ご家族が協力して家事をこなしてこられました。今回、お知り合いの紹介で当店へ。独立型の狭いキッチンを、奥さまが使いやすくなるようにしたいと相談されました。併せて、浴室など水まわりの機器も入れ替え、床、壁、天井なども全面改装することに。

ショウルームで出会ったキッチンに一目ぼれ

いくつものパターンをご提案しましたが、最終的な決め手は、パナソニックショウルームで見た、フラット対面タイプのキッチンとの出会いでした。広々とした天板の開放感のあるデザインをとても気に入られて、パナソニックリビングステーションLclassを採用。壁を撤去して、リビングまで見渡せるオープンなキッチンに。

AFTER:キッチンから見渡せる明るいリビング

AFTER:キッチンから見渡せる明るいリビング

機器だけでなく、動線にもこだわりを

細部にわたって何をどう使うか、あらゆるものを計測して、カップボードや家電収納棚の位置を決め、棚は収納するものに合わせてすべてオーダーメイドで造りつけるなど、小さな工夫がいっぱいあるキッチンになっています。また、キッチンとレンジ、レンジとテーブル、テーブルとキッチン・・・それぞれ高さの違うものをつなぐ役割として、電動式昇降ワゴンを特注しました。

AFTER:家族が協力しやすいように、リビング側にレンジ、炊飯器などを置く収納棚を配置。 キッチン、カップボードも収納力たっぷり。

AFTER:家族が協力しやすいように、リビング側にレンジ、炊飯器などを置く収納棚を配置。
キッチン、カップボードも収納力たっぷり。

人にやさしい思いやりの住まいを提案

便利なオーダーメイドのベンチを造作。

便利なオーダーメイドのベンチを造作。

健康のために造り付けのぶら下がり棒を設置。

健康のために造り付けのぶら下がり棒を設置。

特製ベンチで快適な浴室

浴室も機器を入れ替え、奥様が利用しやすいように工夫をしています。出入り口は2枚戸にして手すりを設置。浴槽に入りやすいように特製ベンチを造作。体を洗うときも座って洗えるようにしています。また、押すだけでカンタンンなプッシュ水栓を採用し、より使いやすくしています。

「何度も足を運んでくださって、よく話を聞いてくださいましたね」

T様からコメントをいただきました。
「使い勝手良くしたいと思いながら、どこに頼めば良いかわからなかったのですが、知り合いの紹介でリファイン守山さんを知りました。何度も足を運んでくださって細かなところまで話を聞いてくださったのがうれしかったですね。キッチンからリビングのテレビも見られるので、家族みんなが喜んでいます。妻の笑顔を久しぶりに見ました」

AFTER:特注ワゴンは耐熱性のある天板の素材を採用し、奥様が一人でも使えるような工夫も。

AFTER:特注ワゴンは耐熱性のある天板の素材を採用し、奥様が一人でも使えるような工夫も。

「私たちも、いろいろ勉強させていただきました」

コーディネーターからのコメント
「充分にお話をさせていただいたことで、ご希望通りのリフォームができました。照明にLEDを採用して、とても明るいLDKになりました。バリアフリーに関しては、私たちもいろいろと勉強させていただき、時間をかけてリフォームをさせていただきました。喜んでいただいて、本当にうれしいです

AFTER:全自動おそうじトイレを設置。廊下は段差をなくし、耐久性のあるすべりにくい床材を採用。車椅子でもOK!

AFTER:全自動おそうじトイレを設置。廊下は段差をなくし、耐久性のあるすべりにくい床材を採用。車椅子でもOK!

-キッチン・リビング, マンション, 施工ギャラリー, 玄関・ホール, 風呂・トイレ・洗面