新シリーズ 男の隠れ家

其の五 トレーニングルームのある家-健康とダイエットのために、 夫婦で汗を流せるスペースを-

2016/11/15

住まいのリフォームを手がける「リファイン守山」「リファイン栗東」。
新シリーズ開始です。
生活のため、家族のために頑張ってきたお父さんの趣味やこだわり、
少年の心を思い出すような『男の隠れ家』がテーマ。
『団塊世代のセカンドステージ』となるような、
リフォーム事例をご紹介。今回は、トレーニングルームのある住まいです。

今回のご要望は…

昨年退職した61歳。健康とダイエットを考えてランニング始め、目的を持って楽しもうと、
市民マラソンにも参加しています。2年前に東京マラソンに参加し、来年はホノルルマラソンへの挑戦も考えています。
妻もフィットネスクラブへ通い始めたので、家でも、汗を流し、
そのままバスルームへ駆け込めるようなトレーニングルームをつくれたらと思っています。

(草津市 Aさん)

05-01

自宅にトレーニングルームを造る場合、ある程度のスペースが必要になります。
Aさんの場合は増築するスペースがないので(施工前参照)、浴室、洗面所に隣接した
ダイニングキッチンをリフォームするようご提案しました。
キッチンはリビングとして使っていた洋室に移動し、リビングに続く和室と合わせて広々としたLDKにします。

05-02

トレーニングルームをより広々としたものにするために、納戸になっていた
二階部分を取り除き、思い切って吹き抜けにして開放感を持たせました(施工後参照)。
吹き抜けの一部にロフトを増設して、ご主人の趣味でもある自転車を遊び心たっぷりに
ディスプレー。そこに設置したハシゴを使って自転車を持ち上げるのも運動になりますね。

健康マシンを置いたり、気兼ねなくストレッチができるように、
フロアは従来の床組みをやり直し、基礎から土間を打ち直して振動対策と強度の補強をします。
また、二階の納戸を取除いたので、キッチン横に収納部分を確保しています。
ストレッチするにも手を伸ばしたら何かに当たる、跳躍すると床が心配など、
一般の住まいでできる運動は限られています。
運動は継続することが大切ですし、
かといってジムに通うにはお金も時間も必要ということで、
健康のためにトレーニングルームを希望する人が増えています。

Aさんも、家にトレーニングルームをつくることで、ご夫婦が仲良く気軽に毎日運動ができ、
マラソン挑戦という夢も実現できることでしょう。

次回は、「露天風呂のある家」です。お楽しみに

-新シリーズ, 男の隠れ家